観光旅行と乗り物の中の飲食のマナー

観光旅行では、楽しく旅行するという目的がありますが、周りの同じような旅行客も楽しく旅をしたいということでは同じです。その点も配慮するからこそ、全体的に気分も良くなるということで観光旅行も楽しくなります。観光旅行のマナーの問題では、例えば乗り物の中の飲食の問題があります。乗り物の中は冷暖房が完備している密室になります。そうなると臭いがこもりますが、特に飲食をしている場合の臭いは非常に複雑になります。良いにおいもあれば、悪い臭いもあります。

そして、飲食の人が多ければ、それらの臭いが複雑に絡み合い、騒音と同じような状態になります。騒臭ということです。特に近い人たちの場合には我慢するのも苦痛になります。本人は好きなものを食べて何が悪いと考えますが、周りからすると非常に迷惑になるということもあります。特に臭いがきつい食べ物はそうなります。そのあたりは配慮が必要です。

お昼時などの食事時間はしかたがないにしても、それ以外の時間はその点を気をつけて、限度を超えないようにしてほしいというのは、観光旅行でも時々体験して感じます。例えば夜行バスや夜行電車で靴を脱いだりすると、足の臭いがきつい場合があります。それもマナーで、特に臭いは注意すべきです。自分でわからない場合もあるので、日ごろどのような状態になるかを考えて対処する必要があります。神経質になりすぎるのもそうかということですが、最低限のマナーの範囲では消臭対策も必要です。

best recommended websites about travel

Copyright (C)2019無性に行きたくなる旅行.All rights reserved.