観光旅行と迷惑な行為とマナー

観光旅行では、なかなか気がつかない迷惑な行為もあります。他人にいきなり注意をするということを日本人は苦手としています。注意は良くてもお互いに嫌な余韻が残るからで、せっかくの楽しい旅も台無しなってしまいます。例えば夜行バスや電車などで光が入ってくると眠れないということがあります。座席ということだけでも熟睡はできないのに、カップルで仲良く夜景を見るために、話しながらカーテンを開けていると、話し声も外の光も迷惑になります。

特にいちゃいちゃしているだけでも、気に障るという時もあります。気持ちは非常によくわかるのですが、時と場所をわきまえることもマナーです。また最近多いのはスマホやパソコンのディスプレイの光です。それらは蛍光灯をつけていると同じことですので、キーボードなどがある場合は、その音も含めてよく考えて利用する必要があります。

その他ファーストフードの食べ物などは臭いがきついものがあります。ハンバーガーやチーズバーガーやフライドポテトなどですが、これはやはり避けたほうが良いかもしれません。またお土産などにもにおいがきついものがあります。そのほかビールやお酒、またたばこの臭いなども気をつけるべきです。そのように観光旅行での団体行動では注意すべきマナーも多くなります。

best recommended websites about travel

Copyright (C)2019無性に行きたくなる旅行.All rights reserved.