観光旅行と集団のマナーと注意点

観光旅行では、家族や仲間同士で楽しむということがあります。これは観光旅行の楽しみ方のひとつということですが、個人の場合以上に、マナー違反をする場合があります。電車などでも仲間同士だけ座席を向かい側にして楽しんでいる場面に出くわします。それは良いのですが、話に花を咲かせたり、酒などが入ると周りに関係なく、仕事の愚痴や家族の愚痴などを延々と何時間も話したりします。そうなると聞きたくもない話を同じ車両で延々と聞かされるということになります。

こちらも少しぐらいは我慢していますが、さすがに何時間も関係のない会社の話や愚痴、また誰がどうのこうのとかの話を聞いていると非常に苦痛になります。それに加えて酒やおつまみなどの臭いで車内な一杯になります。そうなるとさすがに頭にくるということになります。周りの人たちは聞いていないふりをしていますが、聞きたくないとしても聞いてしまいます。

そのようなこともよく注意する必要があります。体験的には年配の男女にその傾向があります。おじさんたちの集まりやおばさんたちの集まりです。気分が良いのはわかりますが、周りのことも考える必要があります。もともと若い人たちに模範を示す立場です。それが迷惑をかけているというのでは、お話にならないとなります。その点も観光旅行では注意点です。

best recommended websites about travel

Copyright (C)2019無性に行きたくなる旅行.All rights reserved.